大人の工場見学 〜こだわり×安心の物づくり〜 初めてあさひの工場を訪れた2人の社員がレポート

さまざまな自転車を製作するあさひの生産拠点は、何と中国にあるのだ!店頭に並ぶ確かな
品質の自転車の1台1台には、質の高い設備と熟練の職人の思いが込められている。
そんなあさひの工場を初めて訪れた2人の社員が自転車ができ上がるまでをレポート!

自転車ができるまで

自転車がどういうふうに作られているか知っていますか? フレーム、タイヤがどのように仕上がり、塗装や加工を終え仕上がるのか?  安心の自転車作りの裏側にはさまざまな工程とチェック、そして情熱があるのです!

中国にある工場に到着! 広いですッ!

中国にある、あさひの自転車生産委託工場。広大な敷地内では多くの従業員の方々が働いています。忙しい中でも皆でイベントを開いたりと、楽しさを持ちながら毎日働かれています。

さまざまな種類の鉄パイプを切断・加工

自転車本体の原材料はこの鉄パイプ。必要な長さにカットしたり変形させたりして自転車作りがスタートします。この段階から見栄えをよくするため、表面の研磨も行っています。

熟練の技に感動! 溶接後のチェックも欠かさない!

でき上がった各部品を熱しながら繋げていきます。工程ごとに最終チェックをする人もいて、精度を追求している場面も。さらに人の手だけではなく、ロボットが作業している一面も!

フレーム完成! 自転車の形が見えてきた!

ただのパイプがここまで変わります。まっすぐだったパイプは、切断・溶接を繰り返し私たちが見たことのある形となりました。加工・溶接だけでも50人以上の人が携わっています。

徹底した品質管理! 高い品質=安全性です!

自転車作りで重要なことは安全性や強度・耐久性、見た目の追求も欠かせません。より高い品質を確保するために、あさひ独自の高い品質基準のもと徹底した検査が行われています。

塗装前の大事な下地処理は圧巻!

薬剤が入った大きな桶に部品を入れます。色がきれいに入るように下処理を行うと表面がどんどんきれいに! 塗装前のこの処理が非常に重要で、色の入りを左右する工程になります。

きれいに塗装する技術に感動!

ついに色を塗ります。街中ではいろんな色の自転車を見かけますが、微妙な色の違いも、しっかりと管理された材料を配合してここで作られます。女性の活躍も多く見られた場面でした。

塗装完成! ずらりと並んだフレームにわくわく!

たくさんの色鮮やかなフレームが完成! お店のように自転車がずらりと並んでいるのを見るとわくわくしました! このフレームは、また製造ラインに流れて最終完成へと進んでいきます。

男女で作業を分担し車輪を作る

ここでは車輪が男女で分担されて組まれています。繊細で細かな作業が多い車輪組みは女性が、少し力がいるタイヤのはめ込みは男性が作業をし、共同でひとつの車輪を作ります。

空中を流れる車輪ラインにびっくり!

できた車輪は、空中ラインに吊るされながら次の工程「組み立てライン」へと流れていきます。以上で自転車に必要な部品すべてが揃いました。あとはこれらを組み合わせて1台に!

熟練した手さばきに感動した組み立てライン

いよいよ組み立てです! 長いラインの中でどんどん完成に近づいていきます。私たちも毎日店舗で自転車の点検や修理をしていますが、従業員の方々の熟練した手さばきに圧倒されました。

細かい部分まで見逃さない全数点検

全体の最終確認。傷や色のムラがないか、ブレーキや車輪の動きは正常か、1台1台丁寧に検査が行われています。細かいチェックで安全を確認している姿にこちらの身も引き締まりました。

完成車は日本へ。お見送りします!

コンテナに積み込まれた自転車は多くのお客様が待っている日本へと運ばれます。たくさんの人の想いが詰まった自転車。今回の工場見学を通して改めて自転車の奥深さを知った気がします。

海を越え! 遂にサイクルベースあさひに到着!!

海を越えて到着した自転車達は、全国のあさひに届けられます。そして更に日本でも、あさひのメカニックが1台ずつ大切に組立、点検をおこない、お客様にお渡しされていくのです。